尖閣周辺に中国船2隻−4日連続航行

第11管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城)周辺の領海外側にある接続水域では20日午後3時現在、中国海警局の船2隻が航行している。 尖閣周辺で中国公船が確認されるのは4日連続。航行しているのは「海警2052」と機関砲の様なもので武装した「海警33115」

中国は中国船が日本領海に侵入し、中国がまるでパトロールしている様に世界に向かって現実支配の事実を発信しています。それは違法である事を日本から発信する必要があります。国際法を無視した行動には日本国として毅然とした態度を示すべきです。日本国民は関心も持って各国が国際法を順守することを世界に訴えていきましょう